クレンジングミルクは敏感肌におすすめ!【おすすめ厳選5商品】

 

スキンケアの中でも、特に大切と言われているクレンジング。
化粧品に含まれている油分を落とすために使うのがクレンジングです。
毎日しっかりとメイクを洗い流さないと、メイク汚れが毛穴に詰まってしまいます。

 

とはいえ、洗浄力の高いクレンジングはお肌への負担も大きくなりがち…。
そこでおススメなのが、敏感肌の方でも使えるクレンジングミルクです。
この記事では、クレンジングミルクの特徴や、プチプラでおススメなクレンジングミルクなどを紹介します。

 

 

クレンジングミルクってどんな特徴があるの?

メイクを落とすクレンジングというと、シートタイプのものやオイルタイプのものをよく見かけます。
そこで、まずはクレンジングミルクの特徴からチェックしてみましょう♪

 

クレンジングのなかで一番肌に優しい!

ドラッグストアや化粧品店などでクレンジングコーナーに足を運んでみると、色々な種類のクレンジングが販売されていて、自分のお肌にどれが合っているのか迷ってしまう事ってありますよね。
大まかにタイプ別で分けると、オイル、ミルク、リキッド、ジェル、クリーム、シートという感じでしょうか。

 

シートタイプのクレンジングは、短時間でメイク落としができるし旅行の際などには持ち運びに便利というメリットもありますが、強力な洗浄力を持つ界面活性剤がたっぷり含まれているうえ、メイクをふき取る際の摩擦による肌への負担が大きく、普段使いにはおススメできません。

 

それ以外のクレンジングを洗浄力の強さで並び替えてみると以下のようになります。
オイル>リキッド>ジェル>クリーム>ミルク

 

こうしてみると、ミルクタイプのクレンジングは、他のクレンジングに比べ洗浄力があまり高くないですね

 

でも、肌に優しい順番にしてみると、順序が入れ替わり以下のようになります。
ミルク>クリーム>ジェル>リキッド>オイル

 

つまり、クレンジングミルクは洗浄力がマイルドでお肌に優しいクレンジングというわけ。

 

ウォータープルーフの日焼け止めをがっつり塗った時などは、洗浄力が少し強めのクレンジングを使う必要があるかもしれませんが、日常のナチュラルメイクなら、クレンジングミルクでも十分にメイクオフすることができるので、敏感肌の方にはおススメです。

 

洗い流すタイプとふき取るタイプがあります

クレンジングミルクには、洗い流すタイプとふき取るタイプの二種類があり、それぞれにメリット、デメリットがあります。
一つずつ見てみましょう。

 

洗い流すタイプのメリットとデメリット

まずは洗い流すタイプのクレンジングミルクから。
メリットとして、ぬるま湯でクレンジングミルクをすっきりと洗い流すことができるので、簡単で楽という点が挙げられます。

 

その反面、水とよくなじむように、界面活性剤が含まれているため、ふき取りタイプのクレンジングと比べるとお肌への負担は高くなりがちで、使用後の保湿がとても重要になります。

ふき取るタイプのメリットとデメリット

ふき取るタイプのクレンジングは、界面活性剤が含まれていないため、成分的には肌に優しいことが特徴です。

 

しかし、拭き取りの工程に手間がかかってしまう事や、拭き取りの際に肌を摩擦してしまって、お肌に負担をかけてしまう場合があることがデメリットとして挙げられます。
メーカーによっては、何度も拭き取り作業が必要な場合も…。

 

ティッシュやキッチンペーパーをお肌にそっとあてて、擦らずに油分だけを吸いとるようにすれば肌に負担をかけずにできますが、毎日となるとけっこう面倒なんですよね…。
時間がかかっても、お肌に負担のないスキンケアをしたい!という方にはおススメです。

 

クレンジングミルクはこんな人におすすめ!

それぞれのタイプのクレンジングには異なった特徴があり、また人のお肌もタイプが異なるので、ある人には合っているクレンジングでも、別の人が使うとトラブルを引き起こしてしまうことがあります。
そこで、クレンジングミルクはこんな人におすすめ!というお肌の特徴を紹介します。

 

普段ナチュラルメイクが多い方

クレンジングミルクの最大の特徴として挙げられるのが、お肌への負担が少ないという事。
しかし、それは裏を返せば洗浄力が低いという事です。
ウォータープルーフの日焼け止めやファンデーションをしっかり塗っている方、マスカラ、口紅などのポイントメイクをフル活用している方にとっては、物足りない洗浄力かもしれません。

 

口紅やマスカラなどポイントメイクは、あらかじめ専用のリムーバーなどを使って落とす必要があります。
普段のナチュラルメイクの日はクレンジングミルク、しっかりメイクの日はオイルやリキッドという感じで使い分けると肌への負担を必要最低限に抑えられるかもしれません。


乾燥肌や敏感肌の方

洗浄力の強いクレンジングは、油性のメイクをしっかりとからめ取るためのオイル成分、水と一緒にすっきりと洗い流すための界面活性剤が多く含まれていて、水分は少な目。
しっかりとメイク汚れを落とすことができる反面、お肌への負担が強く、本来なら肌に必要な油分まで洗い流してしまうという可能性があります。

 

しかし、クレンジングミルクなら、油分と水分がバランスよく含まれていて、なおかつ界面活性剤は少しだけなので、必要以上に肌に負担をかけることなくメイク汚れを落とすことができるのです。
お肌の乾燥が気になる方や、敏感肌で他のクレンジングが肌に合わないという方も、クレンジングミルクを一度試してみてください。


 

クレンジングミルク選びはどこがポイント?

 

クレンジングミルクがお肌に優しいという事は分かりましたが、その中でも色々な種類がありますよね。
ここでは、選び方のポイントをいくつかご紹介します。

 

洗い流すタイプかふき取るタイプか?

洗い流すタイプか、拭き取るタイプかを選ぶ際は、お肌への負担の大きさと、手間を考慮して決めましょう。
一般的に主流になっているのは、洗い流すタイプのクレンジングですが、とにかくお肌に負担をかけたくない!という敏感肌の方は拭き取りタイプを選びましょう。

 

クレンジングミルクは、洗い流すタイプでも、界面活性剤の配合量がとても少ないので、クレンジングをサクッと済ませたいのなら洗い流すタイプでもいいかもしれません。

 

保湿成分をチェック!

クレンジングミルクの購入を検討する際には、どんな保湿成分が配合されているのかしっかりチェックしましょう、
ここでは、主な保湿成分についてざっくり説明します。

 

セラミド

スキンケアでよく聞くセラミドという成分。
もともと体内にある成分ですが、年齢とともに少しずつ減ってしまいます。
細胞と細胞の間にあって、潤いの元である水分や油分をため込む役割をしてくれます。
つまりセラミドがない状態のお肌にどんなに水分を与えても、垂れ流し状態で、お肌の潤いをキープすることができないのです。

ヒアルロン酸

セラミドはお肌の表面、角質層にありますが、ヒアルロン酸があるのはもっと深い真皮という部分。
とにかく保水力がずば抜けていて、たった一グラムのヒアルロン酸で6リットルもの水分をため込むことができるんだとか!
お肌だけでなく、軟骨や目や脳にも存在していて、人体に欠かせない成分の一つと言えます。

コラーゲン

人間の体を作っている主成分ともいえるたんぱく質。そのタンパク質の一つがコラーゲンです。
体全体を覆っている皮膚の70%はコラーゲンからできていて、コラーゲンをたっぷり含んだお肌は、ハリや弾力があり若々しく見えます。

 

無添加、パラペンフリーがおすすめ

敏感肌に負担をかけないためにクレンジングミルクを購入するのなら、無添加・パラベンフリーのものがおすすめです。

 

スキンケア用品でよく聞く「パラベンフリー」という言葉ですが、これはパラベンという防腐剤が配合されていないという意味。
パラベンは、長期間使用するとしわやシミの原因になるという報告もあります。
また、経皮吸収しやすいため、敏感肌の方が使うとアレルギーなどのトラブルを引き起こしてしまう可能性もあります。

 

クレンジングミルク、正しく使って美しい素肌に

 

お肌に優しいクレンジングミルクですが、使い方を間違えるとお肌に大きな負担を与えてしまう事にもなりかねません。
そこで、クレンジングミルクの正しい使い方をチェックしてみましょう。
メーカーによって使用方法が多少違うこともありますが、ここでは基本の使い方をご紹介します。

 

洗い流すタイプの正しい使い方

手洗い

まず、クレンジングを始める前に、しっかりと手洗いをしておきましょう。
手に雑菌がついていると、顔の皮膚に雑菌がついてしまい、新たなお肌のトラブルを招いてしまうかもしれません。
その後、しっかりと手の水分を拭き取り、顔も手も乾いた状態でクレンジングスタートです。

 

ポイントリムーバーから

口紅やウォータープルーフのアイライン、マスカラなどをしている場合には、ポイントリムーバーを使ってあらかじめ、オフしておきましょう。
その後、適量を手に取り、一度手のひらでよくミルクを温めてから、Tゾーンや頬など顔全体にミルクをなじませます。

 

一度ミルクを温めることでなじみがよくなり、摩擦軽減する効果があります。
ゴシゴシとこするのではなく、肌の上で指を滑らせるような感じです。
ミルクを手に取る量が少ないと、摩擦が生じて肌に負担になるため、量はケチらないようにしてください。

 

洗い流す

十分にメイクとクレンジングミルクをなじませたら、ぬるま湯でしっかりと洗い流します。
初めは少量のぬるま湯を手に取り肌に良くなじませた後、たっぷりのぬるま湯で洗い流すようにすると、お肌に負担をかけずにメイクをキレイに洗い流すことができます。

 

ふき取るタイプの正しい使い方

なじませる

まずはクレンジングミルクを適量手に取り、顔全体に良くなじませます。
ミルクタイプのクレンジングは、洗浄力がマイルドでメイクとなじむのに少し時間がかかるので、ゆっくり丁寧に顔になじませましょう。

 

拭き取る

その後、コットンなどを使って拭き取ります。
コットンにたっぷりと水を含ませた状態で、ゆっくりとクレンジングミルクを拭き取ります。
目元を拭き取る場合は、目頭から目尻に向かって拭き取るようにすると、シワになりにくいです。

 

その後、もしベタベタが気になるようなら、ティッシュやキッチンペーパーをあてて、油分を吸いとってもOKです。
使用量の目安や拭き取り方法などは、製品のパッケージ等に書いてあると思うので、使用前にしっかり読んでおきましょう♪

 

おすすめ【プチプラ】クレンジングミルク厳選5商品!

オーガニックのクレンジングミルクを選ぶと少しお値段がお高めのようですが、プチプラコスメでもけっこう優秀なものがたくさんあるみたいです。
ここでは、タイプ別におススメのクレンジングミルクをいくつかご紹介します!

 

洗い流すタイプのおすすめ

洗い流すタイプのクレンジングミルクでまずおすすめなのが、牛乳石鹸でおなじみのカウブランドから出ている無添加メイク落としミルクです。
150ml入り900円前後というお手頃価格ながら、お肌に優しく使用後はお肌しっとりで評判のクレンジングミルクです。
天然由来のセラミド配合で、使うほどに肌が潤い、モチモチのお肌に導いてくれます。


また、ドラッグストアなどで販売されているなめらか本舗のメイク落としミルクNも200ml入り900円とプチプラながら優秀でとってもおすすめ。
このクレンジングのおススメポイントは顔や手が濡れた状態でも使えるというところ。
これならお風呂の中でも使えるので便利ですよね!
大豆から抽出した保湿成分で洗い上がりはふっくらモチモチです。


3つ目のおすすめクレンジングミルクは、DHCのDHCクレンジングミルクです。
200ml1800円と手の届きやすい価格設定ですが、香料・着色料不使用の無添加でもちろんパラベンフリー。
柔らかめのテクスチャーなので肌なじみもよく、ツルンとメイクをオフできるのが人気ポイントのようです。
オリーブバージンオイルや植物由来のメドウフォーム油など保湿成分も配合で乾燥肌に悩む方にもおすすめです。


ふき取るタイプのおすすめ

拭き取るタイプでおススメのクレンジングミルクと言えば、ロゼットの「ロゼットクレンジングミルク」です。
フランス式の洗わない洗顔をテーマに作られたこのクレンジングミルク。
水で洗い流さないからこそ、しっとりモチモチの潤い肌を作り出すと評判です。
価格も180mlで1800円とお手頃価格なのもいいですよね。


また、かわいい石鹸ショップとして有名なLUSHからも、「肌ごころ 9to5」というクレンジングミルクが販売されています。
こちらは1040円/100gか2090円/250gの二種類の容量から選ぶことができます。
アーモンドオイルが配合されているため、保湿効果もバッチリです。


まとめ

この記事では、クレンジングミルクについてご説明しました。
お肌への負担が少ないクレンジングミルクは、まさに敏感肌や乾燥肌の方にピッタリ!
販売されている種類も多く、プチプラでもなかなか優秀なものもたくさんあります♪
正しい使い方をマスターして、ツルツル美肌を目指していきましょう!

関連ページ

クレンジングオイルの使い方、選び方&おすすめの市販品4選!
クレンジングオイルは、どんな特性を持つのかと言ったお話から、選び方、使い方、実際のおすすめ商品の一部まで、ご紹介していきます。
クレンジングクリームの特徴、選び方、正しい使い方【初心者必読】
クレンジングクリームの特徴と選び方、そして正しい使い方をご紹介します。クレンジングクリーム初心者さん必見!

このページの先頭へ戻る