クレンジングクリームの特徴、選び方、正しい使い方!

 

きれいな肌を維持するためにも、メイク落としをしっかりすることが大切です。
メイクを落とすクレンジング剤には、クリーム、オイル、ジェル、ミルク、リキッド、そしてシートと実にさまざまな形態があります。
ここでは、クレンジングクリームの特徴とその正しい使い方をご紹介します。

 

 

クレンジングクリームってどんな特徴があるの?

 

クレンジング剤はその形態により、油性成分と、油と水を混ぜる界面活性剤の量が違ってきます。

 

界面活性剤とは

油と水を混ぜるものです。
化粧品に使用される界面活性剤は、クリームや乳液を作るための乳化剤と、油を水で洗い流すための洗浄剤として配合されます。
一般に、油性成分、界面活性剤ともに、量が多いほど洗浄力が高く、その反面、肌への刺激が強いと言われます。

 

クレンジングクリームの主な特徴は以下の2点です。

肌にやさしい

クレンジングクリームは、水と油のバランスが良く、他のクレンジング剤と比較すると、洗浄力はそれほど高くありませんが、肌に馴染みやすく、潤いを保ちながら汚れを落とすことができるのが特徴です。
界面活性剤の量は他のクレンジング剤よりも少く、厚みのあるクリームが手と肌の間でクッションのようなはたらきをするので、摩擦による肌への負担もあまりありません。
クレンジング剤の中ではミルクに次いで肌にやさしいと言えるでしょう。

 

洗い流すタイプと、ふき取るタイプがある

クレンジングクリームには、「洗い流すタイプ」と「ふき取るタイプ」があります。
同じクリームですが、これらは配合されている界面活性剤の量が異なるため、特徴も違ってきます。
それぞれのメリット・デメリットを知っておくとよいでしょう。

 

洗い流すタイプのメリットとデメリット

洗い流すタイプは、水で洗い流せるように洗浄剤としての界面活性剤が含まれています。
そのため、べたつきが残らず、洗顔後はすっきりとしますが、肌への負担が大きくなり、乾燥もしやすくなります。

 

ふき取るタイプのメリットとデメリット

ふき取るタイプは、洗浄剤としての界面活性剤は含まれていないため、肌への負担があまりありません。
しかし、ふき取る手間がかかることや、ふき取る時に肌をこすり過ぎて傷めてしまうおそれがあるなどのデメリットもあります。

 

クレンジングクリームを選ぶポイントは?

クレンジングクリームを選ぶ時は以下の3つの点に注意すると良いでしょう。

 

自分の肌質に合ったものを選ぶ

より自分の肌質にあったクレンジングクリームを選ぶためにも、サンプルやトライアルセットなどでいろいろと試してみることをおすすめします。
肌への刺激、洗い上がりのつっぱりやさっぱり感などが比較するポイントとなります。

 

洗い流すタイプorふき取るタイプを選ぶ

肌質や生活スタイルによって「洗い流すタイプ」にするか「ふき取るタイプ」にするかを決めます。
忙しい人、面倒くさがり屋さんは、洗い流すタイプがおすすめ。
敏感肌や乾燥肌の人は、より界面活性剤の少ないふき取るタイプがおすすめです。

 

成分をチェック!

実際にサンプルなどで試してみてもあまり違いがわからない場合は、成分を比べてみましょう。
比較ポイントは以下の2点です。

  • 界面活性剤や保存料など添加物を比較する
  • 美容液成分などうるおい成分を比較する

 

クレンジングクリーム、正しく使ってきれいな素肌に

 

 

どんなによい商品でも、使い方を間違えれば期待している効果はでにくくなります。
毎日のクレンジングに、肌にやさしいクレンジングクリームを正しく使うことで、肌機能もアップするでしょう。
しっとりした肌やきれいな毛穴も夢ではありません。

 

クレンジングクリームを使った正しいメイクの落とし方

クリームがしっかり馴染むよう、顔や手に水分が付いていない状態で行います。

 

1回に使用するクリームの量は、顔全体に行きわたり、指がするすると滑る量が適量です。
クリームが少なすぎると汚れが落ちにくくなるだけでなく、指の摩擦が大きくなり肌に負担がかかってしまいます。
余計な力がかからないよう両手の中指と薬指を使ってくるくると以下の順に馴染ませていきます。

  • 皮脂の多いTゾーン
  • 頬などのUゾーン
  • 皮膚の薄い目元

アイメイクや口紅が濃い場合は、クレンジングクリームだけではきれいに落とせないので、先に専用のクレンジング剤で落としておきましょう。

 

よごれを丁寧に落とすことが大切ですが、クレンジングクリームを肌に付けている時間が長くなると、肌への負担も大きくなります。
クレンジングは丁寧に、かつ素早く行うことが大切です。

 

洗い落とすタイプの正しい使い方

洗い落とすタイプの場合は、水かぬるま湯で丁寧に洗い流します。
洗い残しがあると、クリームに含まれている界面活性剤が肌に残ってしまうので注意が必要です。
また、界面活性剤が必要な皮脂まで取り除いてしまうおそれもありますので、洗顔後はしっかり保湿するようにしましょう。

 

ふき取るタイプの正しい使い方

ティッシュペーパーを顔の上に広げ、額から下に向かって順に軽く押さえながら、クリームをティッシュに吸わせていきます。
あごまで吸わせたら、ティッシュを数回折り畳み、指に挟んで、目の周りや、小鼻、耳の下など、丁寧にふき取ります。
この時、ごしごしと力を入れてしまうと肌に負担がかかってしまうので、ゆっくりやさしく行うことが大切です。

 

まとめ

クレンジング剤にはさまざまな形態がありますが、敏感肌や乾燥肌の方には、肌にやさしいクリームタイプがおすすめです。
油と水のバランスのよいクリームが肌によく馴染み、低刺激で、潤いを保ちながら汚れを落とすことができます。

 

クレンジングクリームには、洗い流すタイプとふき取るタイプがありますが、肌質や生活スタイルに合わせて選びましょう。
毎日のクレンジングを肌に優しいクレンジングクリームで正しく行うと、お肌しっとりの毛穴美人になること間違いなしです。

関連ページ

敏感肌におすすめの【プチプラ】クレンジングミルク厳選5商品!
敏感肌の方でも使えるクレンジングミルク。この記事では、クレンジングミルクの特徴や、プチプラでおススメなクレンジングミルクなどを紹介します。
クレンジングオイルの使い方、選び方&おすすめの市販品4選!
クレンジングオイルは、どんな特性を持つのかと言ったお話から、選び方、使い方、実際のおすすめ商品の一部まで、ご紹介していきます。

このページの先頭へ戻る